Site search

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Site search

2018年2月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Categories

Tags

おまとめローンの返済の見込みがなくなったら

おまとめローンにして借入を一本化したときは返済できるつもりだったのが、返済が遅れることが続いて、返済の目処が立たなくなってしまった。他からの借入も無理。こうなってしまったら、おまとめローンは諦めて債務整理という手段を考える必要があります。自治体の借金相談窓口や弁護士の無料相談などに相談して、自分に合った方法を考えましょう。


<債務整理とは?>

債務整理とは、法律に基いて借金を整理して利息をカットして借金を減らしたり、借金を帳消しにする手続きをいいます。任意整理、個人再生、自己破産などがあります。任意整理では、借入の開始したときまでさかのぼって、利息制限法に基いて利息を計算しなおして借金を減額後(減額されないこともあります)、今後の利息をカットして3年程度で返済するようにします。個人再生では、借金の返済が難しいことを裁判所に認めてもらって、借金を大幅に減額してもらい、減額後の借金を3年で返済していきます。住宅などの高価な財産を失うことなく借金を整理できますが、信用情報に記録されるので5年から10年はローンなどの利用は制限されます。どれもおまとめローンより借金は大幅に減ります。


<まったく返済の目処がないなら>

自己破産は、裁判所に返済不能であると認めてもらい、借金を支払う義務をなくしてもらう手続きです。生活に不可欠なものを除いて高価な財産は処分することになり、手続き中は資格を必要とする職業に就くことが制限されたり、信用情報に記録されるため、5年から10年はローンの利用が制限されるデメリットがあります。どの場合も、手続きは司法書士や弁護士に依頼します。