Site search

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Site search

2014年4月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Categories

Tags

消費者金融でおまとめローン

消費者金融のおまとめローンと言えば、何となく借入金利が大きいイメージはぬぐえませんが、法規制により上限金利が抑えられており、かつ銀行系列に属している場合が多いので、安心して借り入れを行うことができます。消費者金融によっては、最低金利が銀行並みの4.5%に下げられているところもあり、借り換えなどに利用しやすくなり利用者からの評判も良くなっています。


<迅速審査、迅速融資>

消費者金融のおまとめローンの特徴の一つに、融資審査が迅速に行われることがあり、不安な気持ちでネットで審査手続きをすると、あっという間に審査が終わる場合があり拍子抜けするほどです。審査に通過すれば、その日の内に借り入れが可能であるので、緊急を要する借り入れの場合、重宝できます。さらに、全国のコンビニATMで借り入れ・返済が出来るのも、非常に使い勝手があります。


<少額金額の借り入れができます>

消費者金融のおまとめローンでは、1万円の借り入れでも迅速に借り入れが出来る事よりこれが人気の秘密の一つです。旅行先、ビジネスで少額のお金が必要になった時などは、コンビニのATMよりお金を引き出すことが出来るのは、何よりも有り難いことですが、忘れてならないのが少額と言ってバカにしないで、速やかに返済をすることが重要です。

おまとめローンの銀行を選ぶ前に

銀行の提供するおまとめローンは、低金利で支払いを一本化してくれるサービスです。おまとめローン自体は非常にメリットのあるサービスなのですが、銀行も自らの存続がかかっているため危ない橋は渡りません。複数のローンを一本化した場合、完済までずっと支払う能力があると認めてもらう必要があります。


<まずは状況整理から>

そこで銀行を選ぶ前に、自分の借入状況を整理してみましょう。何本借り入れがありそれぞれいくらなのか、すぐにでも返済できそうなものがないか確認します。もし簡単に返済できそうなものがあれば、おまとめローンを申し込む前に返してしまうと、それだけ審査も通りやすくなるのでお勧めです。

状況整理と同時進行でかまいませんので、おまとめローンを展開している銀行の情報収集もしておきましょう。銀行により売りにしているサービスが若干違います。金利の安さ、許容借入件数、審査の通りやすさ、口座維持手数料など銀行によって特徴があります。条件の良いところは審査が通りにくい傾向があるので、銀行選びは慎重にしてください。そして一度でも申し込みをすると、その履歴が残ってしまいます。短期間に複数の申し込みはしない方がよいでしょう。

おまとめローンの進め方

ただただ返済に追われ、自分がどこにいくらお金を借りているのか判らなくなってしまうような事態に陥らないためにも、おまとめローンを組んでスッキリさせることは大切です。


【まずはきちんとした実態把握から始めましょう】

全ての借り入れを整理いちいち覚えていないぐらいの気軽さでお金が借りられるようになっています。その便利さから少額の借り入れをあちこちにしている人は、実はとても高い金利でお金を借りていることになっています。一件ごとの利息は少額でも、いくつも重なれば無視できない差となってきます。まずはすべての借り入れの総額と利息を計算し、金利の低いおまとめローンに借り換えたらどれだけ総支払額が減るか計算してみましょう。その上で、自分に合った会社におまとめローンを申請してみましょう。


【少しずつでも完済していく】

銀行などの金利の低いところにおまとめローンを申請し、たとえ全てが一つにまとめられなくても、新たに借りられたお金で、他の少額の借り入れ、金利の高い借り入れから完済して、信用情報から借り入れ中の情報を削除していきましょう。完済して借り入れ残額の無くなった会社との契約は、解除していったほうが良いでしょう。簡単にまたお金が借りられるようにしておくと、同じ状態に再び陥ってしまう危険があるからです。

おまとめローン利用後の大切な留意点

今までの多重債務で苦しんでいた状態を、おまとめローンで解決すれば誰でもホットします。しかし、その後も十分気を付けていないと、再び繰り返す事に成ります。


おまとめローン利用と注意点

もともと多重債務に陥る原因として、キャッシングやカードローンを気軽に使ってしまう所に有ります。つまり、自分の収入計算外のお金を借りてしまっている事に成ります。ふと考えると自動車や住宅のローンも同じ様に感じますが、実は大きな違いが有ります。それは、自動車ローンや住宅ローンは、毎月の給料に組み込まれた予定の支払いとしています。同じ様に、その給料から生活費や保険等も計算して家計の費用を賄っています。ところが、キャッシングやカードローンは突然発生し、家計費用の枠外の出費と成ります。これは、人間の欲が絡んでいます。つまり、どうしても欲しい物が出来た時に自分の貯金ではなく、カードを使って簡単に買ってしまう所に有ります。結局後で支払いに困ってしまいます。もちろん、カードの支払い分まで計算して物を買う分にはまったく問題なく、借金返済に困る事も有りません。カードが自由に使える社会ですが、自分の収入枠内で使用する事で、おまとめローン利用で得られた安定した生活が長く続きます。

ショッピング枠の返済もおまとめローンを使おう

クレジットカードのショッピング枠の利用は、キャッシングとは違い借り入れではありません。ですから、無意識のうちに、ショッピング枠で利用したものはコツ事と返済している人がいます。分割払いにすればもちろん利息はかかります。中には、たくさんのクレジットカードでショッピング枠を利用し買い物をしている人がいますが、その全部をコツコツと返していたら支払う利息はとんでもないことになってしまします。


【利用目的が限定されていないおまとめローンを利用する】

借金でないとおまとめローンを利用出来ないと思っている人がいる用ですが、そうではないのです。利用目的が借金返済となっているものは、利用できませんが、目的が自由であれな、ショッピング枠の返済に利用しても、もちろんいいのです。目的が限定されていないおまとめローンを借入、全てのショッピングの返済をします。そうすれば、個々に払っていた利息は一つにまとまり、借金が出来てしまったことになりますが、支払う利息は減ります。


【その後の計画をしっかりと】

おまとめローンは借り入れしたら終わりではありません。その後の返済が重要です。しっかりと返済計画を立て、さらなる借り入れをせずに完済まで頑張りましょう。

おまとめローンと懸念事項

おまとめローンは複数あった借入を全て一社にまとめる事で、ばらばらだった返済日や返済計画が統一され精神的負担が大きく減らす事ができます。また小口で数社の借入先がある状態より大口で一社から借り入れている状態に持っていく事で利息も減らす事ができます。おまとめローンは債務整理のように借り入れそのものを帳消しする商品でこそ無いものの多重債務の状態と比べればデメリットは殆ど無く良い事だらけだと言えます。ただおまとめを利用する方には一本化以降ある問題がつきまとう事になります。


新たにお金を借りたいという誘惑

おまとめローンを利用する多くの人は何社からも借り入れた事によって返済が立ちいかなくなり辛い思いをした人も多いと思います。しかしそれでも利用者の方にはついつい新たな借り入れを行ってしまう人がいます。原因は様々で例えば借入先が一社になった事で心に余裕ができてしまったが為の新規契約や、おまとめ専用商品を使う事で総量規制対象額がリセットされた事による新たな契約、おまとめの過程で繰越完済した会社から「以前よりもっと良い契約内容にしますのでまた借りませんか」と誘われた上で契約してしまうといった例があげられます。一本化はゴールではなくスタート地点であり、利用者の方は長い事これらの誘惑と戦って行かなくてはなりません。しかしそんな時こそ何故自分がおまとめに頼る事になったのかを思い出してください。


おまとめローン専用の商品で無い場合の注意

またおまとめローンの言葉にはおまとめ専用や借り換えローンといった一本化専用の商品以外で一本化する意味も含まれています。こういった商品はおまとめ目的の利用にもかかわらず利用目的自由な新たな借り入れが出来てしまうのが問題です。その為完済するという強い意思を持ち決して迷わない事が重要になります。

おまとめローンのメリットを知ろう

いくつかの会社からお金を借りていて、その返済を一本化するローンのことをおまとめローンと呼んでいます。おまとめローンを活用することで、月に何度かある返済が一度だけになるので返済の手間もかかりません。また場合によっては利息の負担が減ることもあるなど多くのメリットがあります。


一番のメリットは負担の軽減

借りてしまったお金の完済を目的に作られたローンなので、返済にかかる物理的な負担を軽減できることが、おまとめローンの最大のメリットと言えるでしょう。まず返済の回数が減ります。例えば3社から借り入れを行っていれば、月に3回の返済日がありますが、これが1回になります。また人によっては、いくつもの借金があることが精神的な負担となる場合があります。このような心理的な負担も、おまとめローンで軽減できる可能性があるのです。


おまとめローン専用のローンを使おう

完済を目指すのであれば、大型の融資を行っているローンではなく、債務の返済専用に利用するおまとめ専用ローンの申し込みをおこなうことをおすすめします。限度額の高いローンはおまとめローンにも利用できるのですが、利用目的が自由であることから、返済を行いながら借り入れも行えてしまいます。意志を強く持てればいいのですが、つい使ってしまうという危険があるからです。

おまとめローン利用で返済額に大きな差

基本的におまとめローン審査で求められる条件は「正社員か契約社員である事」「年収が200万円以上であること」「満20歳以上、60歳未満である事」です。これらの基準に合致する方は、おまとめローンに乗り換える事をオススメいたします。また、アルバイトの方でもおまとめローンを利用できるケースもあるようです。


おまとめローンは返済しやすい

現在、キャッシングやカードローンを利用している方の約定金利平均は2013年3月時点で15.68%です。最低金利が3%と提示している商品が増えている中でこの数値は高いという事ができるでしょう。おまとめローンの下限金利はカードローンなどに比べて高いのに対し、上限金利は低く設定されている事が特徴です。これは、属性や信用情報の評価が低い方でも安定した返済ができるという事でもあります。


乗り換えでこんなに楽になる

仮に、おまとめローンで適用された金利が10%だとすると、金利18%で50万円借りていた方は、約8万円返済額が減る事になります。同じように、金利12%で200万円借りていた方は約35万円返済額を減らす事ができます。おまとめ商品の審査は通常審査よりも厳しくなると言われていますが、乗り換えに成功すれば好条件での返済が叶います。